火災保険で雨漏りが修理できるケースとは

毎年の梅雨や台風に加えて、近年増加しているゲリラ豪雨によって家屋に大きな被害が出る場合があります。

床下浸水などの大きな被害に比べればそれほどのものではないかもしれませんが、雨漏りも厄介な家屋のトラブルのひとつです。



生活に支障が出るので早く修理したいものですが、100万円以上かかるかもしれない修理費はなかなかすぐに出せるものでもありません。
しかし、保険が適用されるとしたら話は別です。


原因によっては火災保険で雨漏りを修理することができます。


火災保険は火事が起こった場合にだけ利用する保険だと思われがちですが、風災にも対応しています。


風災とは台風により屋根が吹き飛ばされたり屋根瓦が飛ばされてしまったような場合です。

雨漏りの原因が台風などの風災によるものだと判断された場合は、火災保険の適用内となるので保険金がおります。



保険が適用されないのは、原因が建物の老朽化によるものだった場合です。
屋根瓦やトタンが古くなって壊れたり、穴があいて雨水が浸み込み雨漏りとなった場合は、火災保険は適用されません。


自然災害が原因での故障であっても、申請の時期があまりにも遅いと老朽化が原因だとみなされる可能性があります。
被害にあったら速やかに申請することで、災害との因果関係が証明しやすくなります。
結構大きな支払い額となる雨漏りの修理は、火災保険が適用となる可能性があります。
原因が建物の老朽化ではなく風災であることが前提ですが、信頼できる業者に調査してもらい、保険適用になるかどうかを調べてみましょう。

コトバンクに関するお役立ち情報コーナーです。