火災保険で雨漏りの損害を補償するために必要なこと

意外に思う人も多いかもしれませんが、雨漏りによる損害は火災保険の対象となる場合があります。これは火災保険の補償対象には風害が含まれていることもあるためです。よって台風などで雨漏りが発生して損失が発生した場合には、対象となると言う具合です。

ただしそのためには必要なこともあります。まず火災保険の適用になるためには条件があると言う点です。そのひとつとして建物の劣化によって雨漏りが発生した場合には、対象外になると言う点が挙げられます。
経年劣化により外壁にヒビが入っていたり、塗装が剥がれていたり、あるいは屋根瓦が元からずれていた場合には、対象にはならないと言うことです。

また地震によってこのような状態になっていたと言う場合でも、やはり対象にはなりません。
ですからある程度、建ててから時間が経過している建物や既に外壁などに劣化が見られる家、地震によって軽度ながら損害が出ている場合は、それらをしっかりと補修しておくことが必要です。しっかり補修さえしておけば実際に雨漏りが発生した場合でも、それが建物などの劣化ではなく風害によって発生したものだと証明できるからです。



それからもうひとつ、火災保険の適用を受けるためには3年以内にしんせいをすることが必要です。

ただし雨漏り被害と言っても、住宅内に雨水が見られるような、天井から雨水が落ちてきたり、壁紙から雨水が浸み出してくるようなものばかりとは限りません。



目に見えない部分でその被害が発生している可能性もじゅうぶんに考えられます。



そして目に見える被害が出てきた時には3年が経過していたと言うこともあり得ることです。
ですから台風などが通過した後には、必ず住宅周りを点検してダメージが発生していないかどうかを見るのも必要なことに挙げられます。